美肌

コエンザイムQ10配合のローション

経口摂取のサプリメントとして人気なのが『コエンザイムQ10』ですが、最近はこの成分を配合したローションも登場しており、化粧品の分野でも支持を集めています。
「本来は体内で必要なのに、わざわざ化粧品に配合する意味はあるのか?」という疑問に対し、その働きを理解してから利用を検討しましょう。

コエンザイムQ10の役割を簡単に説明しておくと、『新陳代謝を正常に保ち、いつまでも若さを保つ』というものです。
それには心臓や肝臓といった内臓の若さもそうですが、美容で気になる『お肌』にも関係するのはご存じですか?
コエンザイムが減少することで外見の若さも保てなくなり、不足してしまえば年齢よりも老けて見られます。
そして肌の老化を防ぐには『特に肌の細胞を活発化させる』のが欠かせないため、ここで『コエンザイムQ10を含んだローション』の出番なのです。

肌に塗るローションというのは、経口摂取のサプリに比べて『よりダイレクトに肌へ浸透する』という効果があります。
もしも体内の老化が気になるならコエンザイムQ10のサプリメントを飲むべきですが、肌が気になる場合、ローションを使用するほうがより効果もあるでしょう。

また、ローションには保湿成分を含むものが多く、肌が潤うことでより一層成分が浸透しやすくなり、乾燥による肌のダメージも防げます。
若々しい肌には潤いが欠かせませんので、コエンザイムQ10が配合されたローションは『お肌にとって一石二鳥の役割』を持つでしょう。
ただし、どんな化粧品でも変わらないように、コエンザイム入りローションも正しく塗り込まないと意味がありません。
お肌の手入れは毎日行うのが基本なので、最初に正しい方法を学びましょう。

「コエンザイムQ10のローションを塗れば、肌はいつでも綺麗!」と思うでしょうが、過信してはいけません。
たとえば肌は良くても体内で不足すると体力が衰え、健康的な美しさは維持できませんね。
ほとんど万能なコエンザイムQ10。 体の外側と内側、双方でコエンザイムQ10が充足したときこそ、最も美しい状態が保てるでしょう。